2019年10月14日月曜日

「さあ、地球温暖化について、話そう}

 台風19号、まる一昼夜、テレビの前で過ごした。見ながら、自分のこと、友達のこと、知り合いのことなど、大丈夫かな、と。自分は、足立区役所から、ほぼ一時間おきに電話があり、はじめは、「はい、、はい、たぐち、です」と応対したものの、相手は、テープで、「高齢者は、早めに避難所へ行きましょう、近くの避難所は、、、、」という具合で、それを繰り返していた。
 見ていて、気づいたことは、日本には、ずいぶん沢山の「ダム」があるということだった。あちらこちらのダムが、いっぱいになり、放水する、とのお知らせで、名前を知らないダムが、ずいぶんあるもんだ。こんなに沢山のダムがあるのに、なんで水力発電をしないのか、と思ったのだが。電力会社の陰謀かも。
 ブータンへ行った時、ヒマラヤの山々から落ちてくる谷川の水が、本当に小規模な川と
装置で、電力に変身していた。4~5mの川に、発電用の装置が仕組まれていて、そこを通過する際に電力になり、その同じ水が流れ落ち、次の発電所に、という具合に、次々に発電しながら下っていくという仕組み。国中、すべての家庭に電灯がついており、余った電気は、近隣のネパール、インドへ輸出しているとのことだ。
 日本のダムは、治水目的が多く、今回の台風時、ダムがいっぱいになったので、放水するというもの。この水を使って、発電すれば、と思うのだが。原発ゼロにするには、火力発電しかないのかと、思っていた。火力発電は、CO2を排出し、これまた地球環境にとってよろしくないことは、明白。
 既存のダムを、ただ水を溜めておく入れ物ではなく、発電目的にしたらいいんじゃないか。水力発電は、原発ほど、複雑な機能ではないはず。
 先日、国連総会で、スウエーデンの女子高校生が、地球温暖化を、私たちの世代に先送りしないで、と叫んでいたが、そのためのACTION 、どんなことがあるのか。
 久しぶりに会ったM先生、「地球温暖化なんて、できないよ。私たち人間が存在すること自体、温暖化に反している」、とおしゃる。でも、「温暖化を遅らせる、減らせることは出来る」とも。原発ゼロになっても、今のような便利さを希求しない、持続可能な生活スタイルを心掛ける、ひとりひとりの生き方が大切なんだ、とも。
 2019年のノーベル化学賞の吉野さんが開発したリチュウム、あれはまさに地球温高にストップをかける優れものなのだそうだ。よくわからないが、リチュウムを開発した吉野さん、偉い人なんだ、と思った。
 

2019年10月11日金曜日

10月10日は、セントウ(1010・銭湯)の日

10月10日、昨日は、「銭湯の日」だった。
 ご近所銭湯の「一の湯」へ、いつもの時間5時に行った。いつもの風呂友さんたちに会った。土曜日に東京へ来るかもしれない台風の話で盛り上がっていた。
 「水のビッグボトル、二本買ってきたよ、ほんとうは三本欲しかったんだけど、重くてね」、というと、「あたしゃ、まだ買ってない。帰りにコンビニへ寄るかな」。
 帰りに番台の女将さんから、組合からのご褒美、と手ぬぐいを貰った。本日は、銭湯の日(1010・10月10日)で、毎年、東京都の浴場組合から、記念のタオルがプレゼントされる。各風呂屋に30個(くらい)配布され、番台で、常連さんに先着順でくばられるらしい。いちげんさんは、貰えない。
 かつては、2000軒あったという都内の銭湯(1996年当時)、今は、560軒に激減。入浴料金も、2009年時は、400円だったのが、今は460円。ちなみに生き残っている銭湯数では、大田区が1位、江戸川区、葛飾区、板橋区と続いて、足立区は5位で、現役風呂屋は58軒。なお、入浴料金は、都道府県によって異なる。旅先でも、必ず現地の銭湯に入っている。
 客が減っているのは、みな自宅風呂(うち風呂)があるので、わざわざ風呂屋へ行く必要がなくなった、特に子ども、若者たちは、風呂屋へ行って裸になるのがイャ、恥ずかしいという傾向があり、銭湯を敬遠しているようだ。だって、修学旅行で風呂にみんなで入るのが恥ずかしい、と水着持参、なんてことを聞いたことがある。
 なお、10歳以上の男女の混浴禁止、という東京都の条例があり、10歳以上の男子は、お母さんといっしょに入浴出来ない。
 銭湯側も、客寄せのイベントを、いろいろやっている。5月の菖蒲湯、夏至のゆず湯
りんご湯、ラベンダー湯、今年、はじめてだったけれど、10月には、かぼす湯なんてのもあった。特段、感動はしなかったが。
 湯上りには、なんといっても、コーヒー牛乳。ご近所銭湯の常連のおじいさんは、「湯上りは、やっぱりこれよ」、と完ビールをたしなんでおられる。
 毎日、どこかの銭湯に入っているので、ま、銭湯の達人ってこと。隠居の楽しみは、銭湯です。どの銭湯でも、極上の幸せを楽しんでいます。
 

2019年10月10日木曜日

路線バスで、日光湯本へ

夕べの天気予報で、「明日は、晴れ」を見て、チャリ散(自転車での散歩)、3PO(足の散歩)を中止、朝いちばんのバスで北千住駅へ。東武線いちばんの特急列車に乗車。7時19分。途中、春日部駅しかとまらず、利根川を渡る頃、ちょうど、太陽が水面に反射して、まぶしかった。
次に停車するのが板倉東洋大前。ソーラーパネルがあちこちに設置されている。登校する子どもたちの姿、特急とはいえ、車窓からの景色は、ゆっくり楽しめる。新幹線よりいい。新鹿沼駅でも停車。いつだったか、鹿沼の彫刻の屋台が出揃うお祭りにきたことがあった。みやげに買ったこんにゃくを、駅のベンチに忘れたっけ。しばらく、白い花のそば畑が続く。
東武線は、今は「スカイツリーライン」なんて、長ったらしい名前でよばれているが、あのスカイツリー駅は、もともとは「業平橋駅」だった。歴史的な立派な駅名だった。なのに、なんで改名してしまったのか、とまだ思っている。
さて、東武日光駅で、乗り降り自由路線バス切符(3000円)を買って、湯元行きバス停にならんだ。ほとんどが、外国人旅行者。長蛇だった。で、中禅寺湖温泉行きの路線バスに乗った。まだすいているいろは坂を登り、華厳の滝前で下車。と、すぐに湯元行きの路線バスが到着。乗った。
戦場が原、光徳牧場を経由して、湯元温泉へ。いくらか紅葉が始まっていた。湯元の温度は、16度。風が冷たかった。降りたばかりなのに、あと10分で出ます、と。で、折り返しのバスに乗った。お気に入りのいちばん前の座席、運転手さんの隣りに座れた。10時20分発。
出発時は、6名だった乗客が、ひとつづつバス停に停まるたびに、乗ってくる。外国人8名のグループ。登山姿の山ジイさん、山バアさん、いちばん前の座席なので、よくみえる。ほぼ超満員でも、路線バスなので、停めては、乗せる。気がついたら、男体山や中禅寺湖をしっかりみるつもりで、最前席に座ったのに、乗り降りの乗客観察になってしまった。いろは坂を、立ったまま乗っていた人たちは、さぞ大変だったにちがいない。
満員の客を乗せたバスが、東武日光駅に到着、いちばんに下車。駅に行ったら、あと12分で浅草行きが出る、というので、そのままホームへ。
空席もあったが、ほぼいっぱい、ほとんどが外国人だった。珍しく車内販売があった。弁当はなく、しかたないので、クッキーとジュースを買った。近くの外国人たちは、なんと
駅弁を食べていた。
午後2時4分、北千住駅着。乗り換えるというオーストラリア人家族4名を日比谷線のホームまで案内して、千代田線で綾瀬着。
気がつけが、いい天気の一日だった。日光は、よく晴れていた。足立区も、まだ晴れていた。紅葉には、いまひとつ早かった日光だった。

2019年9月30日月曜日

読書の秋、食欲の秋

 昨日、久しぶりに堀切の古本屋へ行った。三か月ぶりだった。工事中で、聞くと「前の店はつぶれたよ」、とのこと。また、本屋が一軒、なくなった。たしか、脱サラの男性が、オーナだった。
 読書の秋、なのに、「本」を読んでいる人を、あまり目撃しない。電車の中、バスの中、ほとんどみんなが見ているのは、スマホ。スマホで、読んでいるのかもしれないけれど、とにかく、99パーセントがスマホを覗いている。それも、結構、真剣な顔つきで覗いている。ランドルセルの子どもだって、スマホだ。読書の秋、などは、もう死語になってしまったようだ。本を買いたければ、東京駅前の丸善へ、行くしかない。
 食欲の秋、やっぱり、秋は、秋刀魚です。
 「あはれ秋風よ、・・・・さんま さんま さんま苦いか、塩っぱいか」(佐藤春夫)
 たしか、新宮の速玉神社に、佐藤春夫の家、というのがあって、そこで、このさんまのうたがあった。
 その秋刀魚、ここ数年、不漁なんだそうだ。
 紀伊あたりでは、正月に秋刀魚の丸干しを食べるのが、習慣になっており、正月の熊野古道歩きでは、民家の軒に、秋刀魚が干してあるのを、よく見かける。熊野灘で捕れる秋刀魚が正月のご馳走なのだ。毎年のように、この秋刀魚の丸干しを、買っていた。新宮駅前の魚屋「辻本大二魚店」で。、一昨年だったか、新宮へ行った際に店に立ち寄った。と、秋刀魚が熊野灘に来なくなった、まったく捕れない。それで、九州から取り寄せている、とのことだった。秋、東北の松島あたりで、しっかり脂がのった秋刀魚、懸命に泳いで年末に、熊野灘に着くころには、しっかりシェイプアップした、身が引き締まった秋刀魚になっており、これを捕って。3日ほど海からの風にあて、正月に食べる、のだった。
 明日から、消費税が上がるとかで、どうなることやら。ひとり住まいなので、ま、なんとかなるさ、と。ところで、牛丼の吉野家、松屋、すき家は、値上がりするのだろうか。
                              

  

2019年9月27日金曜日

秋本番、神明町界隈

 朝のチャリ散(チャリに乗って、散歩、毎朝5時発、約一時間)で、中川土手を走ると草むらから秋の虫の音が聞こえてくる。松虫か、鈴虫か、ごちゃまぜになって聞こえてくる。まさに雑音。たしか万葉集には、こおろぎが出ていた。昔は、もっときれいに鳴いたのだろう。
 歩き3PO(散歩、毎朝約50分、神明遊歩道を歩く)で、数少ない、頑張っている農家の間を歩くと、曼珠沙華(彼岸花)の黄色、白、赤の花がいま満開だ。鶏頭、コスモスそれに、百日草も咲いている。あんなに、賑やかに鳴いていた蝉が、いつの間にかびたっと鳴きやんだ。ここにも、秋の虫の声。こちらは、ソロで、リーン、リーン、松虫か。
 早朝は、半袖では肌寒い。そういえば、北海道では、初冠雪とか。昔の人は、野分(台風)の季節が過ぎると、秋本番。季節の移ろいには、敏感だった。
 9月23日、秋分の日、お彼岸で、墓参りに行った。帰りに、おはぎを買ってきた。なんで、おはぎ、か、調べてみたら、はぎ(萩)の実を粉にして、あわと混ぜて餅にしたのが、おはぎの由来とか。桜は、南から、はぎは北から咲くということも知った。
 「暑さ、寒さも彼岸まで」、というが、本当に、その通り。毎日、毎日、暑くて、暑くての日々だった、だが、汗をかかなくなった。そろそろ衣替えをしなくては。
 巷では、10月から消費税が上がるというので、買いだめする人たちが。テッシペーパが入った袋を両手に、コミュニテイバス(ミニバス)に乗り込んでくるお年寄りも多い。
大荷物の乗客が多い。みんな買いだめしてるのかな。買いだめしたって、結局は、ほんの一時の気休め。いやいや庶民のせめてもの、防衛です。抵抗です。











2019年9月25日水曜日

路線バスと都電、乗り放題

 昨日は、浅草でご詠歌の練習日。月2~3回、午前10時から12時までで、もう10年間くらい参加している。参加者は、10名ほどで、半数が女性、受講料1000円。
 この日は、お彼岸にとなえるご詠歌、それに西国巡礼に行く人がいたことから、西国の寺のご詠歌をいくつか唱えた。先生は、銚子のお寺の住職さん、40歳代の、なかなかの美声の持ち主だ。この日のために、銚子から早起きして、車でやってくる。ところで、先日の、台風15号の影響、どうでしたか、と訊くと、銚子はほぼ無事でした、とのこと。
 終了後、都バスに乗った。池袋行きで、大関横丁で下車。明治通りを渡り、都電の停留所へ。始発で、ここからは、乗客10名ほどが乗る。と、乗ったことのない車輛の電車が入ってきた。
 都電の車体は、ここ2~3年、いろいろ工夫がみられ、車体の種類がいろいろだ。車体全体が、広告になっていて、私立高校や大学の学生募集、信用金庫の広告などなど。お花見時は、まさに「さくらトラム」号になる。
 内部は、ほとんどが横一列に両側に席があり、向き合っているもの。が、この日の電車は、ひとり座りの座席が、両側にそれぞれ一列に並んだタイプで、乗客は、前席の客の背中を見るというもの。以前から、あるのは知っていたが、乗り合わせるのは、はじめて。
「しめた」、さっそく乗った。いつもなら、町屋で下車して、千代田線に乗り換えて、綾瀬まで行くというルートだが、せっかく新タイプに乗ったのだから、と王子駅まで行くことにした。
 王子駅で下車。ちなみに都電がJR線の駅とつながっているのは、ここ王子駅と大塚駅だけ。駅前の肉屋で、しゅうまいを買った(340円)。ここの店の店番は、90歳のおばあさん。「まいど」と、大きな声で叫びながら、しゅうまいを袋に入れてくれる。月1~2回は、購入している。客から「お元気ね」と、声がかかると、息子らしい男性が「ありがとうございます」、と。名物おばあさんだ。
 道路を渡ったところに、路線バスの停留所がある。ここから西新井行きのバスに乗る。
池袋と西新井間を走る路線バスで、ここから西新井までは、約30分。以外と近い。昼間の時間でも、結構混んでいる。
 荒川を江北橋で渡り、狭い道ぎりぎりに走り、西新井大師前を通り、西新井駅に。ここからは、足立区のコミュニティバスがいくつも出ている。綾瀬駅行きに乗る。結構、混んでいる。ほぼ全員がシルバーバス。綾瀬駅に着いたのが、3時20分。いつもの東武バスで、神明町へ。浅草を出てから、約4時間で帰着。
 この日乗ったのは、浅草(都バス)~大関横丁・三ノ輪(都電)~王子駅(都バス)~
西新井駅(コミュニテイバス)~綾瀬駅(東武バス)~神明町。全線シルバーバス。

2019年9月23日月曜日

敬老の日に思う

敬老の日の新聞に、こんな数字が載っていた。
    高齢者70歳以上、2,715人
       75歳以上、1,848人(全人口比7人に1人)
今回の組閣で、経済財政大臣になった方が、経済財政諮問会議というのを立ち上げた。なにをする会議かというと、老後の蓄えが足りない高齢者は、もっと働け、というもの。
人生100歳時代、生きていくには2000万円が必要だ、なんてことが、選挙前にいわれ、話題になった。政府の年金が不足していて、支給が困難で、そのつけを高齢者自身に
もっと働いてもらおう、という魂胆なのだ。
ないものは出せない、というわけで、この10月から消費税があげられる。といっても、そう簡単に需要が伸びて、税収がアップするとは、おもえない。
カード決済とか、ペイペイとか、買物を沢山したり、外食をすると「得をする」らしいが、政府が期待しているほど、国民はゼニを使うかな。
今日び、人々は、要るモノは、ほぼ持っており、買いたいもの、欲しいもの、あまりないんじゃないか。外食といっても、立ぞば、ラーメンなど、「ちょい喰い」ですましている
隠居にとっては、あまり関係ない仕組みだ。ましてや、メニューをを見ながら、注文するような高級レストランなど、めったに行ったことがない。
だからカード決済なんか、したことがない。カードは、東日本鉄道のスイカ、東京都発行のシルバーバスだけ。これで日々の行動には、充分。
勤めているわけではないので、外出となると、電車もバスも空いている時間帯だ。若者や子どもたちの姿はない。ほぼ全員が、高齢者。そういう自分も後期高齢者。
女性は、お友だちといっしょが多いが、男性の高齢者のほとんどが、単独、ひとり歩きが
多い。奥さんと一緒もいるにはいるが、この場合、ほぼ奥さんの方が元気で、旦那は「老いて奥さんに従え」ってパターン。
トシとってまで、働きたくない、か。でも区役所やスーパーなどの自転車整理の係りは、ほぼ100パーセント高齢者だ。うちの前のマンション、掃除係りのおじさまは、一時間もかけて通ってくるとのこと。元どこそこの会社役員だったとのこと、訊かないのに、教えてくれた。